スチームクリーナーとは?③ 形状タイプ

01_37

 

スチームクリーナーは使える用途に応じて幾つかの形状があります。

どのような掃除用途で使うのかを考えてスチームクリーナーを選ぶと良いでしょう。

今回は、形状タイプについてお話しいたします。

3つの形状タイプ

スチームクリーナーには形状に応じて3つのタイプがあります。それぞれ使える用途が異なります。

  • キャニスタータイプ
  • モップタイプ
  • ハンディタイプ

最も用途が広いのがキャニスタータイプでモップタイプとハンディタイプの用途でも使えます。他には、モップタイプとハンディタイプの合体したハイブリッドタイプがあります。

キャニスタータイプ

キャニスタータイプとは、掃除機ぐらいの大きさのある本格的なスチームクリーナーです。

メリットは、用途が広いことです。モップタイプとハンディタイプの両方の用途でも使えます。なんといってもタンクが大きいので、連続使用時間が長く30分以上使えます。

 

01_35

 

デメリットは、大きさです。掃除機一台分の大きさがあります。購入するとき、掃除機一台分の大きさを確保しなければなりません。

そして、主要なキャニスタータイプには洗浄力のあるボイラー方式のものがあります。

キャニスタータイプ以外

キャニスタータイプ以外には、モップタイプのものとハンディタイプのもの、2つを合体させたハイブリッドタイプのものがあります。

それぞれは特定の用途に特化しているので、用途が限定している方には良いでしょう。例えば、モップタイプは床専用などです。

メリットは、多くのものがパネル方式を採用しているので、タンクに水をいれてすぐに使えることです。

一方、多くのモノがパネル方式なので洗浄力が弱いです。さらに、タンクの大きさが小さく長時間使えない。ハンディタイプに限ると、数リットルの水のボトルを持って使う感じになるので、想像以上に腕が疲れるというデメリットがあります。

私のおススメは?

私のおススメはキャニスタータイプです。大きさは掃除機一台分ですが、デメリットよりもメリットが勝っている感じです。

私が使っているスチームファーストは、ボイラー方式を採用しているキャニスタータイプです。

 

01_50

 

何よりも、長時間使えて洗浄力があるので重宝しています。確かに、モップタイプやハンディタイプよりも大きいので収納場所を考えなければなりませんね。

でも、掃除用途の広さと洗浄力、そして長時間使えることを考えるとキャニスタータイプはお勧めです。

まとめ

今回は、形状タイプについてお話しいたしました。

スチームクリーナーには主に3つの形状タイプがあります。それぞれ用途に特徴があります。あなたの掃除用途に応じて購入すると良いでしょう。

迷われている方はキャニスタータイプがお勧めです。用途が広く長時間使えるのがメリットです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ