スチームクリーナーとは?① 9種類?のスチームクリーナー

01_35

 

スチームクリーナーといっても色々なスチームクリーナーがあります。

スチームの発生方式による分類。形状や用途による分類。などなどです。

今回は、9種類?のスチームクリーナーについてお話しいたします。

9種類とは?

スチームクリーナーの主なスチームの発生方式は3種類です。

スチームクリーナーは形状や用途によって主に3種類あります。

つまり、スチームの発生方式が3種類。形状や用途の違いで3種類。掛け合わせると9種類あることになります。

といっても、本当に9種類あるのかは不明です。少なくとも私は調べきれていません。

スチームの発生方式

スチームクリーナーのスチームの発生方式には、大きく3種類あります。

  • ボイラー方式
  • 加圧噴射方式
  • パネル方式

それぞれ特徴があります。ボイラー方式は洗浄力がありますが給水してから数分待たなければなりません。

steamcleaner03

パネル方式は給水後すぐに使えますが洗浄力がいまいちです。

形状や用途による違い

形状や用途によって、スチームクリーナーは3タイプあります。

  • キャニスタータイプ
  • モップタイプ
  • ハンディタイプ

それぞれ形状が異なります。用途に応じて形状が異なります。すべての用途を網羅しているのがキャニスタータイプです。最近では、モップタイプとハンディタイプを合体させたハイブリッドタイプもあります。

steammop01

ということで9種類

スチーム発生方式で3種類。形状や用途による違いで3種類。掛け算すると9種類のスチームクリーナーがあることになります。

でも、ボイラー方式はキャニスタータイプでよく使われていますが、あまりハンディタイプでは使われていないようです。

そういう感じで、本当に9種類のスチームクリーナーが存在するのかは分かりません。でも、探せばありそうですね。

でも、ハンディタイプにボイラー方式は可能なのでしょうか?そもそも数分待たなければならないボイラー方式にハンディタイプにそぐわないのかもしれませんね。

まとめ

今回は、9種類?のスチームクリーナーについてお話しいたしました。

スチームクリーナーには色々なものがあります。スチームによる違い。形状や用途による違い。

どのスチームクリーナーが良いのかは、あなたの掃除用途に深く関係してきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ