汚れと洗浄⑦ 分解型洗浄

phm15_0314-s

分子を破壊して汚れを取り除く分解型洗浄。非常に強力です。

そして、非常に危険です。取扱注意です。

今回は、分解型洗浄についてお話しいたします。

要注意

分解型洗浄は、汚れの除去力が非常に強いです。

一方で、洗浄対象物を痛めやすく取扱いに注意が必要です。

最悪、汚れだけでなく、洗浄対象物まで破壊します。

多くのモノは酸化作用を利用して洗浄します。

代表的なものは漂白剤です。

官能基

どのような汚れでも落とせるわけではありません。

得意な汚れと不得意な汚れがあります。

官能基のある有機物であれば分解できます。

例えば、タンパク質や油脂、糖類などです。

一方、ポリエチレンやポリ塩化ビニルなどは分解しにくいです。

漂白剤

分解型洗浄の代表は漂白剤です。

家庭用の漂白剤は非常に弱いと言われています。

洗濯物を痛めないためです。強力なものだと洗濯物も痛めます。

したがって、強力なものは普通手に入れることは困難です。

強力なものは、衛生環境を保つために、医療や食品の業界などで利用されています。

まとめ

今回は、分解型洗浄についてお話しいたしました。

分解型洗浄は非常に強力です。分子を壊して洗浄します。したがって、汚れだけでなく汚れのついた洗浄対象物を痛める危険があります。

官能基をもったものを分解します。天然高分子です。タンパク質や油脂などです。

身近なところでは漂白剤が有名です。家庭用の漂白剤は非常に洗浄力が弱いです。洗濯物を痛めないためです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ