洗浄機② 超音波洗浄

ilm20_ad02008-s

 

洗浄機の一つに超音波洗浄する機器があります。

超音波洗浄とは、文字通り超音波を利用して洗浄します。

今回は、超音波洗浄についてお話しいたします。

低周波と高周波

超音波を利用した洗浄機には大きく2種類あります。

(1)低周波で洗浄する機器

(2)高周波で洗浄する機器

低周波で洗浄する機器は、キャビテーションにより強力な洗浄力をはっきします。

高周波で洗浄する機器は、水分子の加速度運動による水分子の移動により汚れを穏やかに万遍なく洗浄します。

キャビテーション

低周波の洗浄では、キャビテーションという現象を利用し、強力な洗浄を生む出します。

そもそもキャビテーションとは何でしょうか?

キャビテーションは、音波が密から疎になるときに真空に近い気泡が生まれ、その気泡が汚れを落とします。

この気泡は強烈で、接触すると破裂し大きな衝撃を生み出します。

この衝撃で汚れを洗浄します。

水分子加速度

一方、高周波の洗浄では、水分子の加速度を利用して洗浄します。

水分子を移動させることで、汚れを取り除きます。

低周波と違いムラがなく穏やかで均一な洗浄ができます。

その代わり、低周波ほどの洗浄力はありません。

つまり、低周波と高周波には一長一短があります。

中周波

低周波と高周波のいいとこどりをしようとしたのが、中周波の洗浄です。

キャビテーションによる洗浄と、水分子加速度による洗浄の2つを実現しようとしています。

中途半端のように感じますが、このような洗浄機もあります。

ちなみに、15~50kHzが低周波、100~500kHzが中周波、1MHz以上が高周波と言われています。

高周波はメガソニックとも言われています。

まとめ

今回は、超音波洗浄についてお話しいたしました。

超音波を利用した洗浄機があります。

低周波高周波で洗浄の仕方が変わります。

低周波は強力ですがムラがあり、高周波は洗浄力に劣りますが均一な洗浄を実現します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ