酸とアルカリの洗浄力⑤ 無機酸の洗浄パワー

ilm20_aa07044-s

鉄さびやマグネシウム塩、カルシウム塩などの金属汚れを落とすには酸が必要になるます。

酸にも色々あり、大きく塩酸などの無機酸とクエン酸などの有機酸があります。

今回は、無機酸の洗浄パワーについてお話しいたします。

代表的な無機酸

無機酸は、有機酸に比べると洗浄力があります。

そんな無機酸にも色々な無機酸があります。

  • 塩酸
  • 硫酸
  • 硝酸
  • リン酸
  • フッ化水素酸

塩酸

無機酸でもっともよく使われているのが塩酸です。

理由は、洗浄力もそこそこあり、そして使いやすいからです。

しかし、刺激臭があり腐食性に注意が必要です。

硫酸

一方、硫酸は酸度が非常に高く扱いにくい。

カルシウム塩の除去で使い物にならない。

洗浄成分としてはあまり使われない酸です。

リン酸

リン酸は便利な酸ですが、一般的には使われていません

リン酸の最大の特徴は、洗浄した物を傷めにくいことにあります。

では、なぜあまり使われていないのか?

それは、環境汚染の問題を引き起こすからです。

したがって、リン酸は洗浄ではあまり使われていません。

まとめ

今回は、無機酸の洗浄パワーについてお話しいたしました。

酸系の洗剤と聞くと無機酸が主流です。

その無機酸のなかで一般的に使われているのが塩酸です。

あなたの自宅の酸系の洗剤の原材料を確認してみると、多くが塩酸でしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ