酸とアルカリの洗浄力③ アルカリ剤の洗浄パワー

phm15_0814-s

 

家庭用洗剤の多くはアルカリ剤です。

では、実際どのようにしてアルカリ剤は洗浄するのでしょうか?

今回は、アルカリ剤の洗浄パワーについてお話しいたします。

3つの洗浄パワー

アルカリ剤は3つの洗浄パワーで汚れを落とします。

  • 皮脂汚れの中和作用
  • 油汚れの分解作用
  • たんぱく質のアミノ酸分解作用

アルカリ剤は、酸性の汚れである油汚れに強いです。

多くの汚れが油汚れなので、アルカリ剤の家庭用洗剤の多くがアルカリ剤なのです。

皮脂汚れの中和作用

アルカリ度の弱いアルカリ剤にも備わっている洗浄作用です。

皮脂汚れとは、文字通り人体の皮脂やアカや汗などの汚れで、脂汚れ(油汚れ)の1つです。

皮脂汚れは脂肪酸が含まれ、その脂肪酸がアルカリ性と接すると石鹸になります。

つまり、汚れを水に溶けやすい石鹸にすることで、汚れを除去します。

さらに、石鹸時代も汚れを除去することができるので、まさに一石二鳥です。

油汚れの分解作用

アルカリ度が強くなると、油汚れを石鹸グリセリンに分解することができるようになります。

水に溶けやすい石鹸と、水溶性のグリセリンになるので、汚れが落ちやすくなります。

さらに、石鹸時代にも洗浄作用があるので、より綺麗にしてくれます。

実は、石鹸を作るときに、この仕組みを使って作っています。

要するに、アルカリ度が強くなるほど、油汚れはどんどん落ちやすくなるのです。

たんぱく質のアミノ酸分解作用

アルカリ度が非常に高くなると、たんぱく質をアミノ酸分解して洗浄するようになります。

高分子のたんぱく質を、低分子のアミノ酸に分解することで、水に溶けやすくするのです。

一見すると、アルカリ度が高くなることは良いことのように思えます。

しかし、人間の多くの組織はたんぱく質で作られていて、アルカリ性が強すぎると、人体にとって危険です。

人体は、アルカリ性の成分にあまり強くありません。気を付けましょう。

まとめ

今回は、アルカリ剤の洗浄パワーについてお話しいたしました。

家庭用洗剤の多くはアルカリ性です。

アルカリ性が、汚れの大部分を占める油汚れを洗浄するからです。

アルカリ度が強いほど、洗浄力が増しますが、人体にとって危険なので、注意が必要です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ