酸とアルカリの洗浄力② 4つのアルカリ剤

ilm20_ad03014-s

 

身近な洗浄剤の多くはアルカリ剤です。

アルカリ剤と言っても色々なアルカリ剤があります。

今回は、4つのアルカリ剤についてお話しいたします。

代表的な4つの種類

アルカリ剤には色々ありますが、代表的な4つの種類があります。

  • 水酸化ナトリウム
  • ケイ酸塩
  • 炭酸塩
  • リン酸塩

アルカリ性がもっとも強いのが水酸化ナトリウムです。次いで、ケイ酸塩のアルカリ度が強いです。

炭酸塩はアルカリ度は比較的低いですが、もっとも利用されています。

水酸化ナトリウム

水酸化ナトリウムは、苛性ソーダとも言われています。

アルカリ度が高く、あまり家庭用の洗剤などには利用されていません

どちらかというと、産業用の洗浄剤として利用されています。

もちろん、アルカリ度が強いので洗浄力もありますが、一般家庭でつかうような洗剤ではありません。

炭酸塩

炭酸塩系の洗剤は多いです。

炭酸ナトリウムや炭酸水素ナトリウム、セスキ炭酸ソーダなどです。

炭酸ナトリウムは、炭酸ソーダとも言われ、石鹸などの成分として利用もされています。

炭酸水素ナトリウムは、重曹とも言われ、食品や薬品などでも使われ、体に優しい洗浄剤です。

重曹(炭酸水素ナトリウム)やセスキ炭酸ソーダなどは、エコ洗剤とも言われ、環境にも人にもやさしく注目されています。

リン酸塩

昔の家庭用洗剤には、リン酸塩の含まれているものが発売されていました。

しかし、現在の多くの家庭用洗剤にはリン酸塩は含まれていません

リン酸塩系の洗浄剤が環境破壊をひきおこすものとして、1980年代から洗浄剤の成分としては避けられています。

あえて探さない限り手にすることは無いででしょう。

まとめ

今回は、4つのアルカリ剤についてお話しいたしました。

アルカリ剤は、あなたにとってもっとも身近な洗浄剤です。

多くの家庭用洗剤には、アルカリ剤が添加されています。

さらに、食品として利用される重曹などもアルカリ剤の一種で、非常に身近なものです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ