商品レビュー スチームファースト SF-275③ デメリット

01_42

 

スチームファーストには、メリットとデメリットがあります。

私が使用してみて感じた多くのメリットがある一方で、デメリットもいくつかあります。

今回は、スチームファーストのデメリットについてお話しいたします。

私が感じたデメリット

スチームファーストはキャニスタータイプです。

キャニスタータイプのスチームクリーナーは、掃除機一台分の大きさがあります。

 

01_34

 

つまり、他のタイプのスチームクリーナーに比べて大きいです。そのことはデメリットです。

その代り、洗浄力が高く連続使用時間が長く用途が広いというメリットがあります。

大きさは気になります

キャニスタータイプは掃除機一台分の大きさがあります。

つまり、あなたが購入するときは、置き場を考えたほうが良いです。掃除機一台分の置き場です。

出来れば、購入前に掃除機一台分の置き場を確保できるかどうか考えましょう。どうにかなるとは思いますが、、、

ちなみに、掃除機よりもかなり軽いので、最初ビックリします。私は最初、見た目が掃除機みたいなので重さも掃除機並みに錯覚してしまいました。

あえて言うなら

スチームクリーナーは日本人仕様ではないです。外国人仕様です。

見た目が掃除機に似ていますが、よく掃除機についている電源コードの自動巻き取りはついていません。

外国仕様なのでしょうか。良く分かりませんが、最初は「えっ!」と思いました。

でも、慣れると何ともなくなるから不思議です。

慣れ

スチームファーストだけのデメリットではありませんが、念のため取り上げます。

スチームクリーナーは、日本人にまだまだ馴染みの薄い掃除機具です。

つまり、最初思ったように汚れが落ちないことや、スチームの出しすぎで床などが濡れてしまうこともあるでしょう。

 

01_50

 

コツがいります。難しいコツではなく、何度か使ううちにすぐに慣れます。一つ言えることは、テレビ通販のように劇的に汚れが落ちることはありません。しかし、多くの落ちにくい汚れはじっくり掃除することで落ちます。

まとめ

今回は、スチームファーストのデメリットについてお話しいたしました。

スチームファーストには多くのメリットがある反面デメリットもあります。

最大のデメリットは大きさです。キャニスタータイプだからこそのデメリットです。掃除機一台分の大きさです。

続きはこちら ⇒ 商品レビュー スチームファースト SF-275④ 用途とアタッチメント

サブコンテンツ

このページの先頭へ