商品レビュー スチームファースト SF-275② メリット

01_49

 

スチームファーストは現在私が所有している2台目のスチームクリーナーです。

もちろん、メリットとデメリットがあります。利用者目線で語りたいと思います。

今回は、スチームファーストのメリットについてお話しいたします。

私が感じたメリット

私が感じたメリットは次の5つです。

  • 洗浄力が高い
  • 用途が広い
  • 長時間(45分)使える
  • 価格も手ごろ
  • 用途を広げるアタッチメントが多く付属

最初に購入したスチームクリーナーと比較して強く感じたことです。ちなみに、最初のスチームクリーナーは通販番組でよく宣伝されていたスチームモップでした。

 

steammop02

ボイラー方式&キャニスタータイプ

スチームファーストのスチームの発生方式は、ボイラー方式を採用しています。

アイロンの様に使うまでに10分程度の待ち時間がありますが、他のスチーム発生方式であるパネル方式に比べ洗浄力が違います。

そして、スチームファーストはキャニスタータイプです。

 

01_48

 

掃除機一台分の大きさがありますが、非常に用途が広く長時間使えます。

45分も使えるのは嬉しい

キャニスタータイプ以外のスチームクリーナーが5~10分程度しか連続して使えないのに比べ、キャニスタータイプは30分以上使えます。

そのキャニスタータイプの中で45分は長いほうです。

私の知り限りケルヒャーのSC25002時間につぐ長さです。

私はスチームファーストを連続して45分も使ったことが無いので、十分な時間の長さだと思います。

アタッチメントが豊富なのも嬉しい

ボイラー方式&キャニスタータイプのスチームクリーナーはスチームファーストケルヒャーが代表的です。

スチームファーストもケルヒャーも、用途の広さにおいては同じ程度です。

スチームクリーナーの用途を広げる手段の一つにアタッチメントがあります。色々なアタッチメントを付けることで、さらに用途が広がります。

 

01_30

 

ケルヒャーと違いスチームファーストは、幸いなことに最初からたくさんのアタッチメントが付属しているので、必要になるたびに買い足す必要がありません。

まとめ

今回は、スチームファーストのメリットについてお話しいたしました。

スチームファーストのメリットは、ボイラー方式でキャニスタータイプなので、洗浄力に優れ、連続使用時間も長く、用途が広いことです。そして、価格が手ごろです。

他のボイラー方式でキャニスタータイプなケルヒャーと比べ、最初から付属しているアタッチメントが多く買い足す必要がないのも大きなメリットですね。

続きはこちら ⇒ 商品レビュー スチームファースト SF-275③ デメリット

サブコンテンツ

このページの先頭へ