商品レビュー シャーク スチームクリーナー オールインワン

140331ssa_main
 

通販番組でお馴染みのスチームモップです。ハイブリット型なのでハンディタイプにもなる優れものです。

キャニスタータイプほど大きくなく、すぐ使えるのがタイプです。

今回は、シャーク スチームクリーナー オールインワンについてお話しいたします。

特徴

シャーク スチームクリーナー オールインワン特徴です。

  • ハイブリッドタイプ(モップタイプ+ハンディタイプ)で用途が広い
  • 水を入れてすぐ使える
  • 洗浄力は弱い
  • 付属アタッチメントが少ない(付属アタッチメントが多いタイプは高い)

ショップジャパンでは、最も付属アタッチメントが少ないベーシックセットで19,800円。最も付属アタッチメントが多いデラックスセットで31,000円と高額になります。

付属アタッチメント

モップタイプとポータブルタイプの2つのタイプのアタッチメントが付属しています。

  • モップ用途(専用ヘッドとハイパーパッド)
  • カーペット用途(カーペットリングで利用)
  • ポータブル用途(平面ヘッド、ハイパーキャップ、噴射ノズル、ブラシなど)
  • スチームアイロン用途(スチーマーヘッド、衣類用スチーマーキャップ)

カーペット用途とスチームアイロン用途のアタッチメントが本来以上の用途を発揮してくれます。

スチームファーストとの違い

スチームファーストとの違いはキャニスタータイプ&ボイラー方式との違いです。ケルヒャーのキャニスタータイプとの違いと見ても問題ないでしょう。

  • すぐ使える(メリット)
  • 汚れが落ちにくい(デメリット)
  • 用途が限られている(デメリット)
  • キャニスタータイプと比べ小さい(メリット)

モップタイプは軽いです。私も以前使っていたので分かります。しかし、ポータブルタイプは意外と重いです。約1kgのペットボトルを持ちながら掃除する感覚です。

用途が決まっていれば用途が限られていても問題ないでしょう。

まとめ

今回は、シャーク スチームクリーナー オールインワンについてお話しいたしました。

シャーク スチームクリーナー オールインワンは、モップタイプとポータブルタイプのハイブリッドタイプで比較的用途が広いです。

しかし、キャニスタータイプ&ボイラー方式と違い、給水してすぐ使えますが汚れが落ちにくいのが難点です。

しつこい汚れを洗浄しない、用途が限られているのであれば、シャーク スチームクリーナー オールインワンで十分でしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ