スチームクリーナーと重曹⑪ お風呂掃除

ilm08_cf08004-s

 

お風呂場は、酸性の汚れ(皮脂の脂汚れなど)とアルカリ性の汚れ(水垢など)が混在しています。

やっかいなことに黒カビなどもありますが、重曹とクエン酸とスチームクリーナーで掃除できます。

今回は、お風呂掃除についてお話しいたします。

バスタブ

バスタブの汚れは湯垢がほとんど。湯垢は皮脂の汚れなどなので、重曹でキレイにできます。

水で湿ったアクリルたわしに重曹粉を振りかけて磨くだけ。スチームクリーナーでもキレイになります。

最後はお湯か水で全体を洗い流して終了です。

どうしても落ちない黒カビのようなものには、重曹ペーストを塗った後でクエン酸を振りかけ発砲させます。

重曹とクエン酸を混ぜると発砲するのでその力を使います。あとは同じように、濡れたアクリルたわしに重曹粉を振りかけて磨くか、スチームクリーナーで掃除します。

お風呂の床やフタ

バスタブと基本は同じです。重曹粉で磨くか、スチームクリーナーでキレイにするか、クエン酸と重曹を混ぜて発砲作用でキレイにするか、です。

バスタブとの違いは、がある場合があることです。

フタや床に溝がある場合には、歯ブラシを使うと良いでしょう。

歯ブラシに重曹ペーストを塗り、そのまま水をごしごし掃除します。

最後に水やお湯で洗い流して終了です。

蛇口やホース

蛇口やホースも重曹で掃除します。

蛇口は、重曹ペーストを塗った歯ブラシで磨き、その上からクエン酸スプレーをしてしばらく置いておき、最後に水をかけて洗い流します。

それでも落ちない時は、水垢の可能性があるので、クエン酸スプレーをしてキッチンペーパーを貼り付け、上からラップし、1,2時間そのままにし、最後に重曹ペーストで磨き、水で洗い流します。

ホースは、濡れたアクリルたわしに重曹粉を振りかけ磨き、水で洗い流すだけです。

重曹で落ちない汚れは水垢の可能性があるので、クエン酸で掃除しましょう。

水垢の白い汚れはクエン酸で落ちます。

鏡にクエン酸スプレーをしてキッチンペーパーで貼り付け、その上からラップをします。

数時間後、湿ったアクリルたわしに重曹粉を振りかけ、磨き洗いします。

その後、水やお湯などで洗い流します。

クエン酸で掃除した後は水などで十分流しましょう。そのまま乾くと、なかなか落ちない跡が残ります。

まとめ

今回は、お風呂掃除についてお話しいたしました。

お風呂場の掃除は、アルカリ性の汚れ(水垢など)と酸性の汚れ(湯垢など)が混在しています。

混在しているので、クエン酸と重曹の両方を使います。そして、両方を混ぜると発砲作用があり、よりキレイにできます。

さらに、スチームクリーナーを併用すると良いでしょう。重曹は熱湯で効力が倍増し、クエン酸と混ぜた時の発砲作用も熱湯で発砲が倍増します。そもそもスチームクリーナーだけでも十分キレイにできます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ