スチームクリーナーと重曹⑩ リビング掃除

phm12_0030-s

 

リビングの汚れの多くは、皮脂などの脂汚れが多いです。

つまり、アルカリ性の重曹の出番です。しかも、安心安全で体にも優しいので非常に良いですね。

今回は、リビング掃除についてお話しいたします。

フローリング

フローリングには重曹スプレーで一吹きして水拭きです。

汚れた部分には重曹ペーストを塗りアクリルたわしで掃除すればOKです。

最近は、クイックルワイパーにも使える重曹入りのウェットシートがあるので、そちらでも良いでしょう。

しかし、あまりごしごししすぎるとワックスが剥がれるので、適度が良いでしょう。

注意すべきは、です。畳と重曹は相性が良くありません。

畳と重曹の相性が悪く、使うと黒くシミになることがあります。注意しましょう。

クエン酸水で付けた布で掃除すると良いでしょう。

そのとき、クエン酸水を付け過ぎず、固く絞った状態で畳を掃除します。

仕上げに、乾拭きをしてしっかり湿気をとることを忘れないようにしましょう。

湿気が原因でカビが生えたら元も子もありません。

絨毯やカーペット

絨毯やカーペットには、重曹粉を振りかけて、半日程度おいてから掃除機で吸い取ることで掃除ができます。

ジュースなどをこぼした時も同じようにして掃除できます。

重曹には、吸湿作用消臭作用があるので、ジュースなどを吸収してくれます。たっぷりかけましょう。

油分の多い汁系の汚れも同様にします。そのときは、食器用洗剤と併用するとより効果が出ます。

洗剤と水と湿らせたアクリルたわしを使い、重曹を振りかけた汚れの上から、たたき洗いします。その後、水などで十分にふき取ります。

クッションやイス、ソファー、テーブルなど

重曹水で湿らせた布で掃除すると良いでしょう。基本はたたき洗いです。

掃除後に乾いた布で水分を十分にふき取ることを忘れないようにしましょう。

水のしみ込み難い素材の場合には、重曹スプレーでまんべんなく掃除したり、ひどい汚れには重曹ペーストを使います。

クッションなどは、重曹スプレーをして乾かしておくだけでも良いです。匂いが取れます。

他にも、テーブルなどにも重曹スプレーは使えます。スプレーしてふき取る感じです、

まとめ

今回は、リビング掃除についてお話しいたしました。

リビングの汚れの多くが皮脂の脂汚れなので、アルカリ性の重曹で掃除ができます。

などには使えないので注意が必要ですが、大方使えます。

重曹スプレーは一番使うので、1本作り置きしておくと良いでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ