スチームクリーナーと重曹④ 3つの重曹

phm15_0798-s

 

重曹にも3つの状態があります。

どのような掃除をするかに応じて使い分けると良いでしょう。

今回は、3つの重曹についてお話しいたします。

3つの重曹

どのような掃除をするのかに応じて、重曹は3つの状態があります。

  • 重曹粉
  • 重曹ペースト
  • 重曹水

基本は粉の状態で重曹は使います。

粉で使いにくい場合にはペースト状にしたり、水に溶かしてスプレーとして使います。

重曹粉

買ってきた重曹そのままの状態です。

使い方は単純で、汚れた箇所にそのまま振りかけます。

アクリルたわしで擦ると汚れが落ちやすいです。

粉の状態なので、吸湿作用を期待するときに使えます。

塩などの調味料容器に入れて振りかけると使いやすいですが、吸湿作用があるので密閉できる容器に保管すると良いでしょう。

重曹ペースト

重曹粉に少量の水を加えてペースト状にしたものです。

なぜペースト状にするのかというと、粉を振りかけにくい場所(斜めになっている場所など)に重曹を塗ったり、汚れがひどい場合に塗ったりする場合に使います。

作り方も簡単で、重曹粉に少しづつ水を加えながら混ぜます。

重曹と水の割合は、3:1が良い言われています。

汚れた箇所に重曹ペーストを塗ったら、いらなくなった歯ブラシなどで磨くと良いでしょう。

重曹水

重曹ペーストは、重曹にちょっと水を加える感じですが、重曹水はにちょっと重曹を加えて作ります。

水100mlにスプーン1杯の重曹を加えます。

よくかき混ぜて溶かしてください。出来上がったら、スプレーボトルの中に入れてスプレーして使います。

使い方は簡単で、気になった汚れにスプレーしてふき取ることで掃除します。

頑固な汚れなどはとれませんが、テーブルやドアノブなどの日常的な掃除に非常に良いです。

まとめ

今回は、3つの重曹についてお話しいたしました。

重曹と言っても粉のまま使う場合もあれば、ペースト状に使ったり、スプレーとして使ったりします。

日常的なちょっとした汚れには、重曹水を入れたスプレーで掃除をします。

掃除の仕方に応じて重曹粉のままつかったり、重曹ペーストにしたりして掃除をします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ