スチームクリーナーと重曹③ 重曹の5大洗浄効果

ilm03_bf01119-s

 

重曹の掃除にはいくつかの特徴があります。

その特徴を活かして掃除をすることで、より効果的な掃除ができるようになります。

今回は、重曹の5大洗浄効果についてお話しいたします。

5大洗浄効果

重曹を効果的に使うには、重曹の洗浄上の特徴を把握して使いこなすと良いでしょう。

5つの洗浄効果が重曹にはあります。

  • 酸性汚れの中和作用
  • 汚れの研磨作用
  • 臭いの消臭作用
  • 湿気の吸湿作用
  • 頑固な汚れの発砲作用

それぞれについて説明していきます。

酸性汚れの中和作用

日常生活の汚れの多くが酸性の汚れ(油汚れ、手垢など)です。

酸性を中和するのはアルカリ性ということで、酸性の汚れに重曹(アルカリ性)は非常に効果的です。

重曹は体にも環境にも優しいアルカリ性物質なので安心です。

汚れの研磨作用

重曹を触ってみると分かりますが、細かい結晶(粉末)です。

つまり、重曹には研磨作用があるのです。

この研磨作用で汚れを落とすことができます。

臭いの消臭作用

重曹の嬉しい作用の一つに消臭作用があります。

酸性・アルカリ性・中性の汚れ関係なく、消臭してくれます。

匂いが気になったら重曹をくのも良いでしょう。

湿気の吸湿作用

重曹をこぼしたみそ汁やしょうゆなどに撒くと分かりますが、非常に吸湿作用があります。

湿気を取り除く作用が重曹にあるため、おねしょの布団などにも非常に効果的です(匂いも取ります)。

しかし、吸湿作用があるということは、しっかりフタを占めて保管しないと固まってしまいます。

頑固な汚れの発砲作用

重曹は、熱湯やクエン酸を加えると発砲するという性質があります。

手が届かない排水溝などを掃除するときに非常に良いです。

また、ちょっとやそっとでは落ちない汚れを掃除するときにも効果的です。スチームクリーナーとの合わせ技も良いでしょう。

まとめ

今回は、重曹の5大洗浄効果についてお話しいたしました。

重曹は、アルカリ性ということで酸性の汚れ(油汚れ、手垢など)に強いです。

他にも、酸性・アルカリ性の汚れに関係なく、消臭作用吸湿作用があるため、便利です。

熱湯やクエン酸と一緒に使うことで、多少頑固な汚れにも効果的です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ