スチームクリーナーと重曹① スチームクリーナーと重曹(アルカリ)

ilm16_aa02077-s

 

スチームクリーナーはだけで洗浄をするとてもエコ掃除器具です。

しかし、だけではどうしても落ちない汚れもあります。

今回は、スチームクリーナーと重曹(アルカリ)についてお話しいたします。

汚れの種類

汚れには大きく3種類あります。

  • 酸性の汚れ(油汚れ、手垢など)
  • 中性の汚れ(ホコリなど)
  • アルカリ性の汚れ(水垢、アンモニアなど)

スチームクリーナーは、高温の水蒸気スチーム)とその圧力で汚れを落とします。

どちらかというと、中性の汚れや、弱酸性や弱アルカリ性のよごれに向いています。

多くの汚れは酸性

家庭で掃除する汚れの多くは酸性です。

つまり、油汚れや手垢などの汚れです。

そのような汚れにスチームクリーナー十分なケースも多々あります。

しかし、より確実に汚れを落とすには、そのための洗剤と合わせると効果的です。

しかし、せっかくエコな掃除器具であるスチームクリーナーに、界面活性剤などの洗剤を使ってしまったらエコでなくなりますね。

エコな洗剤

しかし、酸性の汚れを落とすのに効果的な洗剤は界面活性剤だけではありません。

自然界に存在するエコな洗剤が存在します。

それが重曹などのアルカリ性のナチュラル洗剤です(酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤が効きます)。

重曹は、料理や医療などにも使われるので、人体にも優しいです。

油汚れや手垢の汚れを掃除するときに、重曹を使うととっても良いのです。

高温でパワーアップする重曹

重曹は、冷水よりも温水で効果を倍増します。

スチームクリーナーは、スチーム(高温の水蒸気)なのでもちろん冷水でありません。

つまり、重曹とスチームクリーナーはとても相性が良いのです。

どちらもエコな掃除器具ですので、その点でもとっても良いですね。

さらにクエン酸も加えると最強のトリオになります。別の期会にお話しいたします。

まとめ

今回は、スチームクリーナーと重曹(アルカリ)についてお話しいたしました。

スチームクリーナーだけでは十分に落とせない汚れでも、重曹と組み合わせると落とせる場合があります。

しかも重曹は温水で効果を倍増します。

まさに、高温の水蒸気(スチーム)で掃除するスチームクリーナーとの相性もバッチリです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ