私のスチームファースト購入体験談② 色々なスチームクリーナー

01_41

 

調べてみました。私のスチームクリーナー壊れたからです。買い替えるためにスチームクリーナーを探しました。

意外と色々なスチームクリーナーがありました。でも、前よりもスチームクリーナー選びに自信があります。

今回は、色々なスチームクリーナーについてお話しいたします。

モップタイプ以外

壊れたスチームクリーナーはモップタイプ。モップタイプも便利です。でも用途が限られているのが気になるところです。

私は床掃除専用にスチームモップを買いました。クイックルワイパー代わりです。高性能なクイックルワイパーと言った感じです。

そういう意味では、スチームモップは十分です。これ以上ないぐらい十分と思いました。

でも、モップタイプはそれだけです。もちろん強引に使おうと思えば他の用途にも使えます。でも使い難い。

他のスチームクリーナーを見てみると色々な用途に使える様でした。

steammop01

次はモップタイプ以外

そこで私は決めました。次はモップタイプ以外のスチームクリーナーを購入しようと考えました。

モップタイプ以外のスチームクリーナーはハンディタイプキャニスタータイプです。

大きさが全然違います。ハンディタイプは小さく、キャニスタータイプは大きい。

キャニスタータイプは掃除機1台分の大きさ。ハンディタイプのスチームクリーナーはちょうどハンディタイプの掃除機ぐらいの大きさ。

掃除機もハンディタイプは吸引力が弱いように、ハンディタイプも洗浄力が弱い気がしました。

2014-01-24_013141

洗浄力

洗浄力はスチームの発生方式と関係していることを知りました。ボイラー方式。加圧噴射方式。パネル方式。この3つの方式があります。

洗浄力があるのがボイラー方式。でも水を入れてから使えるまで数分間の待ち時間がある。

水を入れてすぐ使えるのがパネル方式。でも洗浄力が弱い。そして加圧噴射方式はその中間。

洗浄力をとるか?水を入れてからの待ち時間をとるか?という選択になります。

キャニスタータイプの多くはボイラー方式。ハンディタイプの多くはパネル方式。つまりキャニスタータイプの方が洗浄力がある。

キャニスタータイプがいいかも?

キャニスタータイプは掃除機1台分の大きさです。それが最大の欠点です。でも、洗浄力があるのが魅力です。もちろんボイラー方式の場合ですが。

ハンディタイプやモップタイプはパネル方式がメイン。水を入れればすぐ使えるが、汚れが落ち難い。

スチームクリーナーは掃除機具です。そう考えれば、洗浄力が高い方が良いです。汚れの落ちない掃除機具ほどストレスになるものはありません。

そう考えると、ボイラー方式のキャニスタータイプが良いと思いました。

さらに、キャニスタータイプのほうがモップタイプやハンディタイプより用途が広いのは明らか。連続使用時間も長いです。

まとめ

今回は、色々なスチームクリーナーについてお話しいたしました。

私はスチームクリーナーが壊れたので、色々なスチームクリーナーを調べました。買い替えるためにです。

いざ探してみると色々なスチームクリーナーがありました。でも、ボイラー方式のキャニスタータイプが良さそうな気がしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ